不器用女のズボライフ

どうしようもなく不器用でズボラな女-マナ-の能天気な日記。

どうしようもなく不器用でズボラで能天気な女のブログ。

声フェチが独断で選んだ究極の邦楽カバー曲 男性ボーカリスト編

こんにちは、マナです。

なんとなく題名に男性ボーカリスト編と書いたけれど、女性ボーカリスト編は記事にする予定はありません。ごめんなさい。悪く思わないで。

 

1位 平井堅&草野マサムネ わかれうた

『Ken's Bar II』に収録

 

最初に聞いた時の衝撃は忘れられない。

草野マサムネだとは気が付かなくて、この憂いを含み、かつ哀愁を帯びた歌声は誰だ?とジャケットを見てスピッツの彼だと知った。

平井堅の歌声もねちっこくて好きなんだけれど、マサムネのターンで渋さに毎回やられる。ノックアウト。

問答無用で最高級のイケメンボイス。

 

 

2位 福山雅治 糸

『魂リク』に収録

 

私は彼のファンではないのでCDの存在すら知らなかった。

そんな私がこのCDを聞いたのは、元職場のおば様に「このCDを聞きなさい!」と強引に持たされたからなんだけど、想像以上に良かった。

シンプルに、シンプルに・・・。

アコースティック・ギターの弾き語りで 「糸」。

それはもう優しく美しく歌い上げられている。

惚れた。

 

 

3位 Bank Band(バンク バンド) 歌うたいのバラッド

『沿志奏逢2』に収録

 

普段からミスチルのふぁんです。ひいきしてます。

歌が上手いとか、声がいいとか次元を超えたレベルの、熱くて強い「愛してる」が聞ける。

もちろん斉藤和義の飾らない「愛してる」も好きだよ。

愛してるって何だろう?って考えてしまう(哲学)

 

 

4位 Bank Band(バンクバンド) 糸

『元気ですか/カバーバージョン集』に収録

 

やってしまった。

『Bank Band』も『糸』もダダかぶりだ。

しかし素晴らしいんだから仕方がない。

歌詞もメロディもパーフェクトに素晴らしい。

それに桜井和寿の歌声だ。悪いはずがない。

この曲は沿志奏逢の最初のアルバムに収録されているんだけど、限定30万枚で発売されたものなので、今は手に入りにくい。

が、中島みゆきのコンピレーション・アルバムである「元気ですか/カバーバージョン集」にも収録されているので、こちらで聞くことが出来る。

 

 

5位 清水翔太 白い恋人達

『MELODY』に収録

 

翔太好きだよ。

何ていうのか知らないけど、彼はよくリズムをずらしてねっとりと歌う。

そういうジャンルなのか、歌唱法なのか、わからない。

ただ純粋に、彼の声が好きだ。

彼の曲だと最初からそれで慣れていくからあまり問題ないんだけど、カバーとなるとかなり癖があるように聞こえる。

それが彼らしさといえばそうなんだけど、どんなに美しい歌声でも気になるものはなる。

それが、この曲はすんなり入ってくる。

桑田佳祐も似たようにリズムをずらして歌う技を使うからだろうか。

とにかく翔太ラブ。